ここが凄い!レーザー脱毛に於ける処理の特長

毛周期に着目したレーザー脱毛

美容系クリニック等の医療機関で扱うレーザー脱毛は、1990年代中盤に開発され、それまで医療脱毛の主流であったニードル脱毛に比べ、痛みが少なく、一度に多くのムダ毛を処理できることから、登場以来現在に至るまで医療機関でのムダ毛処理の主流を占めます。このレーザー脱毛は、本来利用者への負担を軽減して、より根本的にムダ毛を解消することを目指し、毛周期に着目して開発されたんですよ。そして、特に色に対して選択的に反応するレーザーの性質を活かすことで、効果と伴に安全性も高い施術を実現しています。

他の光による施術との違い

毛周期に着目して開発されたレーザー脱毛は、同様に光を用いて処理する他の脱毛方法に比べ、威力の強い医療用レーザーを用いることから、そのムダ毛の処理能力に大きな違いがあります。具体的に、全般に光による脱毛では、何度かムダ毛を生やす毛根の細胞にダメージを与えて、再生を抑制し、次第に減毛する方法となっています。そして、レーザー脱毛では、毛根の細胞を破壊できる威力がある為、1回当たりの処理が確実である特長があります。また、これにより、他の光による脱毛よりも回数が少なくて済む特長もあるんですよ。

レーザー脱毛は永久脱毛も可能

レーザー脱毛の確実な処理能力から、現在では最も現実的に永久脱毛を実現し易い方法とも言われています。因みに永久脱毛は、米国電気脱毛協会により、最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下の脱毛法と定義さており、一度施術を受けば一生ムダ毛が生えて来ないと云うものではないんですよね。そして、現在ある脱毛法の中で永久脱毛が可能な方法は、ニードル脱毛とレーザー脱毛とされており、ニードル脱毛は確実ではあるものの、痛みがあると同時にムダ毛を1本ずつ処理し、時間を要することから、現実的にはレーザー脱毛が最も永久脱毛を適え易い特長もあります。

医療レーザー脱毛は、クリニックなどの医療機関で行う脱毛なので、他の脱毛方法に比べて安全性が高いので安心して施術を受けることができます。