もう悩まないし怖くない!わきがの治療法3選!

わきがは病院で治る!

脇に汗をかいたままでいると雑菌が繁殖するので、臭いの強弱はあれど皆平等に臭いが出ます。しかしこの臭いとわきがは違っていて、わきがの場合は雑菌が繁殖していない洗い立ての脇でも臭います。加えて耳垢の湿り、多汗が特徴なので、万が一特徴にあてはまった人は病院に行くと良いです。なぜなら病院で適切な処置を受ける事によって、わきがは治るからです。例えば軽度の場合であれば汗を抑える飲み薬と貼り薬が処方されるので、継続して使用する事で症状は融和されていきます。

注射一本で臭いが無くなる!

病院で中度のわきがと診断された場合は汗を出すアポクリン線を破壊する方法が有効なので、脇にボトックスを注射するのが一般的です。アポクリン線が破壊されると汗そのものが出なくなるので、多汗はもちろん臭いも劇的に改善します。個人差はありますが一度の注射で効果は半年から一年程、費用は約6万円から9万円が相場です。劇的に改善する一方定期的に注射が必要になる為費用がかかる事がデメリットなので、中には手術に踏み切る人もいます。

手術でわきがを完全に治す!

わきが重度又は中度でもボトックスを定期的に打ちたくない人には、手術で脇のアポクリン線を除去する方法があります。脇を切開し裏返した後アポクリン線を一本ずつ目視で除去する手術は、アポクリン線そのものが無くなるので確実にどんな時でも脇は無臭になります。その一方でメスを入れる為一週間程脇の下を固定する必要があるのと、費用が約30万程度と高額な事がデメリットです。しかし一度やれば効果は半永久的なので、手術を受ける人は多くいます。

手術は大事なので日常的にできることで、わきがの臭いを防ぎます。消臭スプレーまたはその主成分のミョウバンが効果的です。下着をまめに取り替える、風呂で汗を流し落とすことも大切です。